スポンサーリンク

 

世間は新型コロナウイルスの影響で大変な事になってきました。
未だにゴルフやレジャーを楽しみに東京・神奈川・埼玉ナンバーの車が沢山走っているのを見るとやるせない気持ちになります。

コンビニにも沢山の他県ナンバーが駐車されていて、この人たちは何を考えているんだろうって思う今日この頃です。

愚痴を言っていても解決することではないので、今日は夏に積極的に食べたい「パセリ」の種を蒔きました。

他にも沢山の夏野菜の種を蒔いて苗を作っていますが、今日はプランターでも簡単に栽培ができ、栄養満点なパセリの種まきを記事にしてみました。

コロナで自粛されている方は、この機会にパセリ栽培を初めてみてはいかがでしょうか。自分で育てると売ってるパセリよりもおいしいのに驚くと思いますよ。

 

パセリの種を買ってきた

パセリの種を購入

 

毎年、種から育てているので冷蔵庫の種ストックにあると思って探したのですが、見つからないので自粛ムード漂う中、犬の餌を購入すると言う名目の元、パセリの種を購入してきました。

今回買ったのは「モスカールド パセリ」って言うかこれしか売っていませんでした・・・。

 

栄養満点なパセリ

 

まっパセリならどれもあまり違いは無いでしょうから問題ありませんけど、ちぢみが強く、1年中収穫できて栄養満点なのが魅力ですかね。

 

パセリの栄養素

ファミレスなどのハンバーグに添えられていてもあまり食べる人は少ないパセリですが、実は栄養満点のスーパー野菜です。

 

  • 鉄分:100gあたり7.5mg含まれていて、野菜の中で1番の含有量となっているので、貧血気味な人は毎日1つまみ食べるとよさそうですね。
  • ビタミンC:何気にビタミンCの含有量も野菜中トップクラス。免疫力向上や疲労回復に効果のあるビタミン。欠点は加熱されると分解されてしまうところですが、生で食べるパセリだと無駄なく摂取できます。
  • βカロテン:βカロテンには抗酸化作用があり、外部からのウイルスや細菌の侵入を防ぐらしい。
  • その他:ビタミンB1、ビタミンB2などのビタミンやカルシウム、マグネシウムなどのミネラル・食物繊維、葉緑素、カリウムも含んでいるスーパー野菜。

 

コロナウイルスが騒がれているので、タイミング的にはばっちりな野菜ですね。

んっ、今から育てると食べられるのは6月ごろ・・・今すぐ効果を手にしたい人はスーパーで購入して食べましょう。

 

パセリの種を蒔く

パセリ用ポット

 

比較的強くて、成長力もあるので沢山種を蒔くと大変なことになるので、3個のポットを用意しました。これでも少し多いかも。

 

パセリの種

 

パセリの種は1袋(198円)で大量の種が入っています。残った種は冷蔵庫に保管しておけば数年使えるので私は種を購入しますが、1本2本でいい場合は苗を購入したほうがいいですね。

 

1つのポットに3粒

 

1つのポットに3つのくぼみをつけて、種を1粒づつ蒔きます。1ポットに種は3つになります。

 

3つのポットに計9個

 

3つのポットに計9個の種を蒔きました。この内7個ぐらい発芽してくれたらラッキーですね。

 

種まき時期は長い

 

種まき時期は中間地で3月~6月と9月~10月と長いです。タイミングよく種まきをすることで1年中収穫できるので、1年中栄養満点パセリを食べることができますよ。

私もこの次は6月・9月と種まきをして1年中収穫を目指して、コロナウイルスやインフルエンザに備えようと思います。

 

コロナに負けるな!

コロナ自粛の影響で、自宅にいる時間が長くなっています(飲みに行けないし)。

私は平気ですが、いつも私が家にいる事を妻がどう思っているか気になる今日この頃です(亭主元気で留守がいいって言うし・・・)。

家にいる時間が長いので、子供たちと色々工作しています。

皆さんも折角の機械ですので、DIYをしてみたり、プランターでも育つ野菜は沢山あるのでプチ家庭菜園などを家族で楽しんでみてはいかがでしょうか?

辛い辛いと言っていると本当に辛い事ばかりになってしまいますからね。

まずはプランターでも簡単に育つ、プチトマトやパセリに挑戦してみましょう。

おすすめの記事