100円ショップ「セリア」キャンプアイテムが豊富過ぎな件
スポンサーリンク

 

先日、キャンプコーナーが凄いと話題だった「ダイソー」に行ってきたのですが、田舎だからなのか肩透かしをくらい何も購入せず撤退しました。都会では大々的にコーナーが設けられて大盛況のようですが田舎はね。

と思っていたのですが、本日所用でダイソーと同じく100均の「セリア」に行くことになり、ダイソーよりさらに田舎にある店舗なので、あまり期待していなかったのですが、その期待が大きく裏切られる結果になりました。

 

アウトドアショップ「セリア」かよ

セリアに入店してすぐの所に、キャンプコーナーがありました。

 

 

所狭しと、数多くのアイテムがあります。これ全部100円ですよ。

 

 

SNSなどで、話題になっていた100円の「焚火台」や「ゴトク」もあります。

 

 

一時品薄になっていた100円鉄板も、田舎だからか沢山あります。
驚いたのが「折りたたみスコップ」も100円で販売されています。

 

 

これからの季節のキャンプに必須の「蚊取り線香」スタンドも数多く取り揃えてありますし、シェラカップもあります。

 

 

「スタッフバック」や「クッカークリップ」もまだ沢山残っています。
クッカークリップは品薄でメルカリなどで転売価格で販売されていますが、田舎では沢山在庫があります。

 

 

「火かき棒」や「炭はさみ」などもありますが、実用性は低そうに感じました。やっぱり100円ですね。

 

 

「火起し器」が100円ですよ。耐久性は不明ですが、ちょっと改造すると「ウッドガスストーブ」が簡単に作れそうな構造となっていますよ。

 

戦利品はこちら

沢山のキャンプアイテムが100円で売っていたので、必要ないものを買ってしまいそうなところを、子供に注意されてしまったので、今回は我慢して少しだけ購入しました。

 

 

左から

  • 蚊取り線香立てピック
  • クッカークリップ
  • チェアポケット
  • チェアネット

 

今度は1人でセリアに行って、もっと散財してきます。全部100円ですけどね。

 

チェアポケットは優秀

 

チェアの手すり部分で使う小物が入るポケットです。

 

 

「コンパクトフォールディングチェア 」に取り付けたら、焚火の際のグローブを入れたり、ペットボトルなどを入れることが出来るので重宝しそうです。

耐荷重量は500gなので、ペットボトルはギリギリっぽいですね。

でもグローブやスマホを入れておけるので、これは人数分購入必須アイテムですね。両サイドに取り付けもありかも。

 

 

クッカークリップは鉄板と相性がいいかも

 

1個買ったつもりが、何故かお会計が終わったら2個になっていた「クッカークリップ」は、同じくセリアで販売されているミニ鉄板のクリップとしても相性がいいです。

 

 

今までは「もんじゃ焼きへら」で鉄板を持ち上げていましたが、移動の際、不安定で落としそうになることが数回ありました。

 

 

が、クッカークリップを反対向きで鉄板を挟むとしっかりホールドされるので、ヘラの時のような不安定感が全くなく、子供でも安心して移動させることができます。

 

 

また、持ち手の内側をギザギザにすることで、トングとして使うこともできそうです。
湯煎したレトルトのカレーなどをお湯から取り出す時に使えそうなので、ちょこっと改造してみようかと目論んでいます。

材質がアルミなので、加工も簡単そうですしね。

 

それにしても、最近の100均は凄いですね。ダイソーの800円「ツェルト」、1,000円「シェラフ」などもあるので、全てが100円とはいきませんが、100均アイテムだけでソロキャンプならできそうな勢いです。

私が住む田舎では、ダイソーもCan Doもキャンプアイテムに力が入っていないので、あまりキャンプアイテムの取扱いがありませんが、田舎であってもセリアはキャンプアイテムが豊富にあるので、ちょくちょくチェックする必要がありそうですね。

 

 

おすすめの記事