スポンサーリンク

ダイソーと並んで100均のゆうSeria(セリア)には、キャンプで使えるちょっとした小物が手に入るということでキャンパーの中にもファンが多い100均です。

セリア

私もセリアの近くを通ったときには覗くようにしています(数ヶ月に1回程度)。

発見!キャンプで活躍しそうなLED電球

10月になると夏のような暑さは影を潜め、夜は肌寒く感じる日も多くなりキャンプシーズンの到来を感じます。

秋から冬にかけてのキャンプは夜が長くなり、必然的に照明の出番が多くなりますよね。
起きている時間はガソリンランタンやガスランタン・LEDランタンなどの大光量ランタンが活躍すると思います。

しかし夜中の常夜灯の選定に四苦八苦していました。
我が家には幼稚園~小学生の子供が3人いるので、夜中にトイレに行くことがあります。その時に真っ暗なテントの中でライトを探すのは結構面倒(寝ているのを起こされるのでなおさら)。そんな時はどうしても常夜灯が欲しいと思ってしまいます。

一応、ソーラー充電できる簡単な常夜灯を灯してはいるのですが、暗いので結局ライトを探すのに四苦八苦してしまいます。

そんな中、ふらっと立ち寄ったセリアで面白い商品を発見しました。

『10SMD 電球型USBライト』

パソコン・モバイルバッテリーなどに接続して使うUSBタイプのLED電球です。

簡易的なライトの為、作りは安っぽいですが常夜灯としては使えそうな気配を感じて3つ色違いを購入してみました。
色はホワイト・ブルー・グリーンの3種類あります。

スイッチなどは無く、USBを差し込むことで点灯する簡単なシステム。

吊り下げフックが付いているので、テントの中でS字フック等につるして使うことができます。

10SMD電球型USBライトを点灯してみた

早速手持ちのモバイルバッテリーにつないで点灯してみました(部屋の電気は点灯したまま)。

3つとも同等の光量で思っていたよりも明るい。

続いて部屋の電気を消して撮影してみました。スマホのカメラの性能が悪いので違いが分かりにくいですがとっても明るいです(3つ同時点灯だから当たり前と言えば当たり前ですが)。

10SMD電球型USBライトの消費電力は

10SMD電球型USBライトは0.16Aと消費電力も少なく、モバイルバッテリーを使っての常夜灯として使うには申し分ないと感じます。

試しに24000mAhもモバイルバッテリーに接続してみましたが、一昼夜灯してもバッテリーがあまり減っていなかったので常夜灯としては普及点ですね。

実際にテントにつけてキャンプ場で使用してみないと本当の使用感はわかりませんが、大丈夫じゃないかな?

明るすぎて他のキャンパーに迷惑になるようなこともなさそうですしね、密集しているキャンプ場の場合はわかりませんが恐らく大丈夫でしょう。

11月のキャンプで10SMD電球型USBライトを使う予定ですので、その時にまた使用したレビューをしたいと思います。

※10SMD電球型USBライトは簡易的なライトとなっているので防水ではありません!雨があたる屋外では使用しないようにしましょうね。

おすすめの記事