スポンサーリンク

 

最近は週末ごとに子供達と畑仕事に明け暮れています。
昨日もジャガイモのを収穫やきゅうりの棚つくりなど子供達と半日以上畑で作業していました。

 

さて、今日は夏至そして部分日食なので、日食の時間まで子供達と畑仕事をしました。今日の作業はサトイモの草取り&土寄せをメインに行いました。

 

サトイモの土寄せ

 

現在の菊芋と芽が出てしまったサトイモを植えた箇所。植えた以降草取りを一切行っていないので草だらけ。

 

 

一方、サトイモを植えた箇所は定期的に除草を行った甲斐もありあまり雑草は蔓延っていません。

まずは菊芋とサトイモの周りに生えている雑草を取り除きます。
除草作業は子供達に任せて、私はサトイモの畝間を耕運機で耕します。

 

 

さて、綺麗になったサトイモの畝。今度は株元に鶏ふんを振り掛けます。

 

 

こんな感じにサッと一振りします。少々雑草が残っていますが、土をかけるので細かいことは気にしません。

 

 

アメリカンレーキを使ってサトイモの土寄せ。この作業は力が有り余っている長男に任せました。

その間に、刈払い機で以前刈った草が乾燥していたので集めておきます。

 

 

土寄せが終わった畝に枯れた雑草を敷き詰めます。こうすることで雑草の発生を抑えつつ、土の水分の蒸発も防ぎつつ、草が分解されて栄養分に変わると一石三鳥なので、毎年我が家ではこの作業は欠かせません。

次に土寄せする頃には、雑草は分解されてあまり残っていませんから安心してください。不安なら雑草に米ぬかを振りかけておくと分解が早まります。

 

 

菊芋は除草&鶏ふんだけで土寄せは行わず、作業は完了。この後は、昨日収穫したじゃがいもを焚火でジャガバターにして楽しみます。

 

トマトの初収穫&食べられた

夏野菜が植えてある畑に戻り、野菜の成長状態を確認。ししとうやナスなどを収穫していると

 

 

次男がトマトから真っ赤に熟した第1号を収穫してきました。今年初収穫のミニトマトです。

 

 

写真を取り終えた瞬間、ミニトマトは次男の口の中に姿を消しました・・・。味は甘くて美味しかったみたいです。
私も食べたかった・・・。

 

トマトはもう無いので、畑作業で乾いた喉はきゅうりで潤します。

 

 

令和なのに、昭和を思わせる我が家の子供達。収穫したばかりのきゅうりをバリバリ食べます。
まっ、きゅうりに限らずほとんどの野菜は収穫直後が1番美味しいですからね。

同時に収穫したズッキーニは、流石に誰も食べませんでした。

 

この後は焚火&ジャガバター&部分日食を楽しみながら1日が過ぎていきました。来週は天気を見ながら残ったじゃがいもの収穫とレタスやバジルの苗を植えつける予定となっています。

 

1本あると畑作業が捗るアメリカンレーキ。長さがあるので、お近くのホームセンターで購入して使ってくださいね。

 

おすすめの記事