スポンサーリンク

 

ふとネットサーフィンをしていると、子供も私も大好きな「鬼滅の刃」のおにりぎがローソンで販売されている情報をキャッチ。
毎週、休出時は朝食をコンビニで購入して会社に行くので、今日の朝食は「鬼滅の刃」のおにりぎと決めてコンビニに行きました。

 

本当は「背脂にんにくが決め手! 豚醤油ラーメン(にんにく増し)」と「鬼滅の刃」のおにりぎを購入予定でした。

 

「背脂にんにくが決め手! 豚醤油ラーメン(にんにく増し)」の替わりに豚脂MAX購入

当初の目的だった「背脂にんにくが決め手! 豚醤油ラーメン(にんにく増し)」は残念ながらありませんでした。売り切れと言うよりは私が訪問したローソンではそもそも入荷していない感じでした。

困ったなぁ~、ラーメンとオニギリを食べる気満々だったのにメインのラーメンが売っていない。仕方がないので、カップラーメンコーナーに向かいました・・・。

カップラーメンコーナーに行くと、私が以前働いていたお店とのコラボ焼きそばが売っていたのですが、味の予想がついてしまったので却下、ふとその隣を見るとぺヤングの「豚脂MAX」が売っていました。

後はおにぎりコーナーで「炭治郎の漆黒炒飯風おにぎり」と「悪魔のおにぎり」を購入して会社に向かいました。

 

豚脂MAXと炭治郎の漆黒炒飯風おにぎりを食べる

豚脂MAX

 

さて、食べる前に色々チェック。気になるカロリーは。

 

カロリーは700オーバー

 

748Kcalとぺヤングとしては高いですが、焼きそばなどと比べると驚く程高い訳ではありませんね。もっとビックリするくらい高いカロリーを想像していたので拍子抜けです。

 

胃もたれ注意

 

ただ、「胸やけにご注意ください。」の一文もある通り、胃が強くない人は避けたほうが良さそうです。

 

豚脂MAXは油が凄い

かやくとタレ

 

さぁ~パッケージを破いて中身をチェック。ソースとかやくといつも通りです。
お湯を注いで3分待って、お湯を捨てたらいよいよソースをかけていきます。

 

油がすごい

 

いきなり真っ白な油がドボドボ出てきて引いてしまいました・・・。

 

まぜる前

 

熱々の麺の上でも溶け切らない油。これって「やきそば」じゃなくて油そばじゃね。

 

豚脂MAX完成

 

しっかり混ぜてみましたが、麺に絡む油でテカテカと光っています。やっぱり油そばじゃね。

一口、二口と食べ進めていきましたが、油そばを食べている感じで豚脂MAXと言う割にはそれほど油油していません。焼きそばだと考えると油は凄い量ですけど、油そばだと思うと普通。

 

 

ただ、食べ進めると最後には油がたっぷり溜まっていました。幸い、胃もたれすることがなかったですが、油の量がやきそばとしては大量なので、食べる場合は注意しましょう。

味はお世辞にも美味しいとは言えるものではないので、リピートすることはないですが話の種をしては面白い商品ですね。
って言うか、ぺヤングは普通の焼きそばだけで勝負すればいいのにと思ってしまいました。

 

炭治郎の漆黒炒飯風おにぎりは期待ハズレ

 

鬼滅の刃の主人公「炭治郎」がパッケージに描かれたおにぎり。漆黒炒飯風とあるので真っ黒なおにぎりを期待していました。

 

黒くない

 

透けて見えていたのですが、漆黒には程遠い色のおにぎりが顔を出しました。味は普通の炒飯味と鬼滅の刃ファン以外にはどうでも良いおにぎりですね。

どうせなら、イカ墨や竹炭を使って真っ黒なおにぎりだったらもっと驚いたのに、黒くないおにぎりにかなり残念。

 

今回はコラボや豚脂MAXと奇をてらった商品を購入しましたが、やっぱり長く販売されている定番商品って改めて美味しいんだなって再確認できました。

 

豚脂MAXに興味がある人は、体調の良い時に心して食べましょう。

おすすめの記事